2012年02月29日

ディランのトリビュートが良い Disk2


Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan [CD, Import, From US] / Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (CD - 2012)

先日に引き続きDisk2について、
個人的なハイライトを..
っていうか最低限名前だけは知ってるっていう
アーティストについて。

まずしょっぱな1曲目、Queens Of The Stone Age。
らしいリフで始まる。
ジョッシュ・オムは個人的に見た目がちょっとプレスリーに似ている。

2曲目、レニクラ。
ホーンセクションが目立つ以外はほぼ忠実なカバー。

5曲、マイリーサイラス。
めちゃカントリー風なアレンジ。
楽なBGMだな。

7曲目、エルヴィス・コステロ
声と曲の雰囲気が全くオジサンっぽくないが、
こいつは同姓同名の別人か?
大人な落ち着いた感じのシンプルなアレンジ。

10曲目、ジャクソンブラウン
日本では浜田省吾や佐野元春、尾崎豊が影響を受けたらしい(wikiより)。
そういわれれば歌い方がそっくり。
この曲がたまたまかもしれんけど。

11曲目、ジョーン・バエズ
この人、ディランの映画でコメントしゃべってたような。
映画をもっかい見直さないと。
アコースティックのみのシンプルなアレンジ。
でも良い音してる。

17曲目、アデル
2012年グラミー賞の目玉。
悔しいことにディランのカバーは素晴らしい。
ライブ音源?と思うほど音がクリア。
ボーカルとピアノのみ。


...

名前は知ってるってだけで、各々の作品は全く知らんっていうのもたくさんありますが、
それぞれの個性が感じられればそれだけで十分楽しめます。
posted by gibres_st_nature at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

もう寒いのは終わりかな?


超バカの壁 / 養老 孟司
超バカの壁 (新潮新書 (149)) [新書] / 養老 孟司 (著); 新潮社 (刊)

「バカの壁」は読んだ事がないので、先に「バカの壁」を読んでからと
思ったのですが、探しても見つからなかったので、とりあえずたまたま
先に見つけた「超バカの壁」を読んでみました。

基本的な内容としては、「バカの壁」、「死の壁」出版後に
読書から出てきた”自分を例に当てはめるとどうなるのかという質問”を
まとめて答えた形がこの本らしい。

今の日本社会の問題点として、”ものの考え方、見方が変だ”ということが
テーマとしてあり、いろいろな例が挙げられています。

自分はおおよそ共感しました。
何でこういう考え方になるんだ?何でこんなに決めつけられるんだ?
何かおかしくないか?
と常日頃思っていた事もいくつかあり、思っていたのが
自分だけじゃない事に読んでちょっと安心しました。

世間一般のいろいろな風聞に疑問を感じる事があれば、
読んでみると自分の中でいろいろ噛み砕けるかもしれません。
posted by gibres_st_nature at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

来日中止か..


まさかの来日中止。

ニュース


「近いうちに来る事を希望します」と書いている事が
唯一の希望みたいになっています。

喉ばっちり治して、
ほんまに来いよ。


PVでも見て元気だそう。
-walk-
posted by gibres_st_nature at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(分類されてない記事達) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

3つ目です メモ4


一気に作ってしまった。

@ユニバーサル基板に部品固定(表)
CIMG1744.jpg

Aユニバーサル基板に部品固定(裏)
CIMG1745.jpg

Bハンダで固定
CIMG1747.jpg

C部品間を配線(へたくそ)
CIMG1749.jpg

Dケース側との接続線(裏)
CIMG1750.jpg

Eケース側との接続線(表)
CIMG1752.jpg

F基板とケース内の部品を接続
CIMG1754.jpg

G出来上がり(プリアンプ)
CIMG1756.jpg

・おまけ(全部、自作。なかなかの景色)
CIMG1780.jpg

基板への部品固定時の部品のリードの曲げ方向を、
他の部品がある方向へうっかり曲げたおかげで、
ハンダ付けした時にショートしてほしくない所で
ショートしやすくなってしまった。
修正がかなり面倒だった。

次回は曲げる方向に気をつけよう。
ってかトレモロの時はちゃんと気をつけたんだが。

...

今の所のプリアンプの使い方としては

クリーントーンでは
中高域を歪み始めぐらいまでブースト。
クリーントーンでベースのツマミを上げると音圧の持ち上がりが半端なく、
ちょっとベース上げただけで若干歪み始めるので上げる場合はソロ専用。


歪み系と一緒に使う時は、クリーントーンの設定に加えてベースもブースト。
コードで引いても違和感なく、なかなかの迫力。。。
だと思う。(あんまり市販品知らんからな..)

あとはトレモロの時に使ったフットスイッチより今の方がノイズが少ない。
っていうかほとんど無い。今回使ったCLIFFの方が安いんだけどな。
トレモロのスイッチの方は何度か踏んでると徐々にノイズが
少なくなってきたので新品の内は回路の切り替え機構が固くて
使っているうちに柔らかくなってくるとかだろうか?

...

プリアンプについて、
もっと地味な効果を想像してましたが、
軽く数時間遊んでしまった。

これはスタジオのアンプで試してみたくなる。


posted by gibres_st_nature at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習(電気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

ディランのトリビュートが良い Disk1


Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan [CD, Import, From US] / Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (CD - 2012)

先日さらっと紹介しましたが、
あれからもう少し何度かディスクをとっかえひっかえ聞いて、
(全部で4枚ある)

さらっと紹介し終わるにはちょっと勿体無いトリビュート盤なので、
各ディスクの個人的なハイライトを。。
今回はDisk1.

まずは、出だしの
ジョニーキャッシュ。アレンジは無難ながら相変わらずの歌声で存在感バッチリ。
で、3曲目にパティスミスが出てきたりして。。

5曲目、トムモレロのナイトウォッチマン。
前から思ってたけど声渋いね。いぶし銀。
らしいギターソロをかましています。

6曲目、ピートタウンゼント。
比較的ゆったりおだやかに無難なフォーク調。原曲もフォークか。
意外とおとなしいイメージ。

で、しばらく全く知らないアーティストが続く。(完成度高いけど)


12曲目、ジギー・マーリー。
ボブ・マーリーの息子か?
とりあえず、このblowin in the windはテンポもメロディも
かなり軽快な感じにアレンジされていて、原曲との違いが印象的。
荒野なイメージ。

15曲目、マイモーニングジャケット。
これはもう自分らの曲やないのってぐらいマイモニの世界観。
リバーブがめっちゃ効いてる。

17曲目、スティング。
ポリスじゃなくてソロ風スティングのアレンジ。
寒いところで歌ってそうな歌い方が印象的。


で18曲で終了。
Disl1だけでこんなに盛りだくさんです。
このメンツ見ただけで洋楽ファンは買いたくなるはず。

次は、Disk2。
posted by gibres_st_nature at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

3つ目です メモ3


ケース上の配線は終わりました。
ドリル穴あけは夜中にやるにはうるさすぎるので昼間しかできませんが、
半田付けは夜中でもチマチマ進められます。
少しずつ出来上がっていく感じが良い。

今日はかなり丁寧に行いました。
半田付け無しでもしっかり固定されるぐらいリードを
巻きつけてから半田した方が音がしっかり出るらしい。

min.jpg

次は回路基板をチマチマと。
posted by gibres_st_nature at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習(電気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

3つ目です メモ2


LEDと整流用ダイオードだけ付けました。

LEDの固定にグルーガンを使いましたが、
粘着力弱く、あっさり外れるので、
結局テープで固定。

mini.jpg

半田付けの見た目の美しさも今の所は微妙。
導通は問題ないですが。
出来ることなら美しくしたい。
posted by gibres_st_nature at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習(電気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

仕事はIC制御漬けなので、家は電気系を..


回路シミュレータでスッキリわかる!アナログ電子回路のキホンのキホン / 木村 誠聡
回路シミュレータでスッキリわかる!アナログ電子回路のキホンのキホン [単行本] / 木村 誠聡 (著); 秀和システム (刊)

単にエフェクター作ってるだけでも、ちょっとは電気の知識が身につきますが、
エフェクター以外にも応用できる所が欲しいので、一冊購入してみました。

「シミュレータで」と書いていますが、それが無くても読み物としても
結構面白いです。特に、基本はソフト屋だけどたまに電気関係の事も
やったりするような人には、回路屋さんにちょっと説明されるだけでは
分からない内容が理解できると思います。

各回路もどういう場面で使われるかといった風に、理論だけでなく
実用的な部分も説明が入っております。

これから電子回路を勉強し始めたい人にはおススメです。

大学の時のは実用的な部分が全く説明なく、何の役に立つのか
学問のためだけの勉強という感じで全く身につきませんでしたが、
何か作りながら読むとやはり身につきやすいですね。
posted by gibres_st_nature at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習(電気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

3つ目です メモ1



3つ目を作り始めました。
作るだけじゃなくてこれらを使ってそのうち何かしたいのですが、
今はまだ何も思いつきません。

・前と違うSWを購入してみました。(見た目が格好良い)
CIMG1719.jpg

@穴あけマーキング
CIMG1724.jpg

A穴あけ(2mm)
CIMG1725.jpg

B穴あけ(3mm)
CIMG1726.jpg

C穴あけ(4mm)
CIMG1727.jpg

D穴あけ(部品に合わせて大きさ調整)
CIMG1728.jpg

E穴あけ終わって内側から見た
CIMG1729.jpg

F部品とりつけ(表面から見た)
CIMG1730.jpg

G部品とりつけ(内側から見た)
CIMG1731.jpg

次は配線。
posted by gibres_st_nature at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習(電気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

雪ふった


遠まわりする雛 (角川文庫) / 米澤 穂信 (2010)
遠まわりする雛 (角川文庫) [文庫] / 米澤 穂信 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)

古典部シリーズの4作目。
短編形式。

おなじみの登場人物が出てきますが、
今までのに比べ主要人物同士の距離感が
大きく近づいたり、離れたり、変わらなかったり

いつものミステリ的要素よりも、
そのやりとりが気になります。

これ読んでると自分の高校時代を思い出します。
ときにものすごくゆるい所が。

1作目から順々に読んでいった方が、より面白く感じると思います。
posted by gibres_st_nature at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

明日は仕事で初○○○○


Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan / Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (2012)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan [CD, Import, From US] / Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (CD - 2012)

何気に、今年出た作品の中としては初購入。
ボブディランのトリビュートを片っ端から集めたと思われる作品です。

Disk4枚組みで総勢72組らしいです。
顔ぶれも大御所から若手まで多岐に渡り、
それぞれが好きなようにアレンジしています。

こんなに充実したトリビュートには
なかなか巡り合えないのではないでしょうか。

コストパフォーマンスも高いです。
何買おうか迷ったら、これ一枚購入していろいろ聴くのがおススメです。
posted by gibres_st_nature at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

仕事がちょっとずつノってきた


Crow Left of the Murder/ Incubus (2004)
Crow Left of the Murder [Bonus DVD] [Limited Edition, Import, From US] / Incubus (CD - 2004)

2nd,3rdはだいぶ前に聴いていたので飛ばして4th。
このアルバムは洋楽雑誌をまともに買い出したとき、
立ち読みじゃなくて初めて買ったときに
アルバムレビューでトップに載ってて
ジャケが印象的だった記憶あります。
にも関わらず、つい最近のライブ後に初めて聞きました。

3rd以降ででレッチリ路線に行くか行かないかというコメントがチラホラ出ていましたが、
見事に良い意味で期待を裏切ったアルバムでもあります。
(自分は元々レッチリとは全く別物だろうと思ってましたが..)

オルタナティブロック万歳なアルバムです。
アメリカンで実験的で勢いがあってオーガニックで。

というわけで、アルバムでもライブでもトップの曲↓

- Megalomaniac -

posted by gibres_st_nature at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

ばれんたいんで〜


日本経済の真実―ある日、この国は破産します / 辛坊 治郎, 辛坊 正記
日本経済の真実―ある日、この国は破産します [単行本] / 辛坊 治郎, 辛坊 正記 (著); 幻冬舎 (刊)

この本は前に借りた「不都合な真実」より前に出版された本ですが、
今読んでもギリギリ間に合います。

ギリギリって言うのは、
この本が書かれたときより、さらに経済は悪化しているんだろうと思うし、
いつこの「ある日」が来てもおかしくない状態に差し掛かってるんじゃないかと
近頃よく感じるからです。

この本が書かれた時から何もよくなっていない事を考えると、
これからお先真っ暗になるしかないのかと思ったりもしますが、
このまま何もしないのは嫌なので、
今はとにかくいろいろな情報を自分の中で自分なりに蓄積するのみです。

その中で自分が何か出来ることはないかと考えたりしますが、
今のところは技術的な貢献しか思いつきません。

でも、現実をいろいろ知ることで自分の活動が
何にしろアクティブになったなとは思います。

これ以上、若い世代にツケを回されたくなければ、
無関心ではいられません。
posted by gibres_st_nature at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

第54回グラミー賞。


第54回グラミー賞がありました。

日本のメディアじゃ「Foo Fightersがロックジャンル全4部門を総なめ」なんて、
悲しいかなほとんどニュースにしないだろうから、ここでささやかなアピールを。
(アデルは言わなくてもやってくれるだろう)

世界的にロックシーン衰退の中、この受賞の意味は大きいのです。
ドキュメンタリー映画も良かった。

- yahooニュース -
posted by gibres_st_nature at 20:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

ゆっくり2つ目を作ってみる メモ6


@LEDをグルーガンで固定
CIMG1717ー加工.jpg

Aフタして動作確認
サプライ確認.jpg

購入してから一回も使用してなかったグルーガンで、
今回はLEDを固定しました。
グルーガンをLEDまで突っ込むスペースがほとんどなかったため、
ちょっと中途半端な固定の仕方になったけど、
まぁ固定は出来ました。

あとは前回の動作確認後、半田がちゃんとくっついてなかった箇所があったので、
そこの半田を付け直してフタしてパワーサプライ完成。

次はもう作るやつ決めてますが、
いつから作ろうかな。
posted by gibres_st_nature at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習(電気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々のこくまろ..


マリアビートル / 伊坂幸太郎(2010/9)
マリアビートル

もうすっかり、文庫化を待つことなく図書館で新作を借りて
読むことが当たり前になりました。

この作品も文庫化待ってたら読めるのは数年先ですが、
図書館ならもうすでに借りれる。

----------------------------------------------------

内容は「グラスホッパー」と世界観を共有している
久々の殺し屋オンパレードの小説でした。

殺し屋小説ってもアクションものとかそういうのじゃなくて、
それぞれ独特の個性をもった登場人物が次々絡んでいき、
ミステリーっぽい伏線が所々にちりばめられ、
これが後にどう繋がるのか気になりながら、
ストーリーが進んでいく感じです。

現実には存在し難い癖のあるキャラがいろいろ出てくるので、
これを受け入れられるかどうかで面白さが変わるのかなと思います。
これをユーモアと感じるかどうか。
僕は面白いと思いますが。

これを読むとグラスホッパーを読み直したくなってしまった。
posted by gibres_st_nature at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

ゆっくり2つ目を作ってみる メモ5


@配線(4分の3)
4bunn3.jpg

A配線(4分の4)
4bunn4.jpg

4分の3が終わった所で、今日はここまで。って事にしようと思いましたが、
ここまできたら、ちゃんと動くが気になる気持ちの方が勝ったので、
最後まで配線しました。(別途DCケーブルも作成)

とりあえず剥き出しの状態で電源だけ入れてみるとLEDは光ったし、
コンデンサとかも爆発したりしなかったし、
まぁ、出力の電圧は9V出ておらず8.3Vぐらいでちょっと微妙かと思いましたが、
(うちの電源がよくないかも)

前に作成したトレモロを繋いでみるとちゃんと音もでたので、
とりあえずOK。

と言う訳でパワーサプライが出来ました。
工数7〜8Hぐらい。

ただ、1個つないだ状態しか確認してないので、
どこまで同時接続可能か、
もう少し増やして接続してみないとまだ分からないな。
それは今後使いながらチェックということで。
posted by gibres_st_nature at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習(電気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

このタイミングで見れて良かった..!!


Back & Forth / Foo Fighters
バック・アンド・フォース [DVD] / フー・ファイターズ (出演)

デイブのニルヴァーナ時代もちょっと含めて、
バンド発足から現在までのドキュメンタリー映画です。
日本盤が出るまで待ってました。

本当にかっちょいいバンドになったなぁ。
posted by gibres_st_nature at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

ゆっくり2つ目を作ってみる メモ4


今日もちょっと進めた。
一気にやってしまいたくなるけど、
疲れない程度に少しずつ。

・配線(4分の2完)
4bunno2.jpg

前回との違いが分かりにくいかもしれない。
posted by gibres_st_nature at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習(電気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

ゆっくり2つ目を作ってみる メモ3


ちょっと気合いれてここまで。

@部品取り付け
CIMG1699.jpg

A配線(4分の1完)
vga.jpg

半田付けが微妙。
導通は確認してるけど。
posted by gibres_st_nature at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習(電気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。