2012年04月24日

ただの青春剣道小説でもない..


武士道エイティーン (文春文庫) [文庫] / 誉田 哲也 (著); 文藝春秋 (刊)

これは、図書館通いが始まる前からシックスティーン、セブンティーンと文庫に
なったものを購入して読んでいたので、エイティーンもその流れで購入して読みました。

相変わらず読みやすい。
サクサク読める。

帯には高3最後の対決みたいな感じで、それがメインなのかと読む前は思っていましたが、
今回は章ごとにサブキャラのエピソードも収録されており、主要人物以外の人間像にも迫っています。
エピソードの背景も多種多様です。

それに今後もまだ続きがありそうな、エイティーンで完結するのかと思いきや、
進路の話まで出てきました。全然終わりそうな雰囲気ないやん。

一見軽そうで、結構深いテーマもあったりします。
posted by gibres_st_nature at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。