2012年07月01日

文庫は全部出たみたいですね。


1Q84 BOOK 3 [ハードカバー] / 村上 春樹 (著); 新潮社 (刊)

図書館でBOOK3が空いていたので、今のうちだと思ってすぐに借りました。
(最近はWebで貸し借り状況をチェックできるから便利)

BOOK1,2は数ヶ月前だっけ?に読み、それから若干時間が空きましたが、
おおよその流れは覚えていた。

BOOK1,2であまり収束しそうな気配の物語もBOOK3に来て、
急激なスピードで収束していきました。

BOOK3は3人の視点から進んでいきますが、
それぞれに感情移入してしまった。
(ただ、天吾は成り行き感が強い気が..)

BOOK1の最初の方は普通っぽいなと思いましたが、
途中からは完全に村上ワールドでした。

また、機会があれば今度は文庫で。。
posted by gibres_st_nature at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。