2012年08月05日

自衛隊ものだった


亡国のイージス [単行本] / 福井 晴敏 (著); 講談社 (刊)

何気なく久しぶりに戦争ものを読むかと思って借りました。
(実際には戦争ものじゃない..)

とにかく濃かった。
現実の自衛隊にあり方とかについても考えさせられます。
単純に平和が一番だから武装拡張反対なんて、軽々しくは言えなくなった。

今の日本では平和は当たり前のようにありますが、
いろいろな物事の上で運よく維持できてるという事を改めて意識しようと思いました。

実際にこんな規模の事件が発生したら、今の日本じゃ崩壊確定だな。
posted by gibres_st_nature at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。