2012年08月26日

クーリエ10月号


COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2012年 10月号 [雑誌] [雑誌] / 講談社 (刊)

この雑誌、定期購読申し込みまでして、
毎月楽しみにしてるんやけども
最近はなかなか意表をつかれています。
(先月のメイン特集はクラシック入門のCD付)

今回は、表紙に結構ストレートなメッセージ。
他の経済雑誌は読んだ事ないんだけども、
ここまであからさまに書いちゃう雑誌はあるんだろうか。

今時の日本人はどれだけ日本がヤバイと感じてるんだろうか。
破綻したら皆どうするんだろうか。
まさか、そんなことなるわけないと思ってるのが、ほとんどやなかろうか。
近所にも普通に家なんかガンガン建ってるしなぁ。
皆、お金持ってるんだねぇ。

それにしても、記事の中でアジアのいろいろな国で働いてる人は、
活き活きしてるように見えてしまう。
日本以外のアジアの国はどこもノッてるように見えてしまう。
日本の多々あるどうでもえんやんけと感じるしがらみを気にしないでいいのが良いなぁと思ってしまう。
タイにも行ってみたくなった。

自分もチャンスあれば勢いのあるアジアの国に赴任して仕事したいが。
エンジニア的にはどんな道があるのか。。。
posted by gibres_st_nature at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。