2013年01月19日

将来のお金の事を考えるきっかけに...


つい最近まで、
毎月余ったお金はとりあえず貯金しといて、
老後はその貯金と年金で何とかなるかと、
そんな風に生活していけばいいかと漠然と考えていましたが、

自分がしているような仕事が将来誰でもできるようになったり価値を失って仕事を失う可能性もあり得なくは無いし、
もらえる年金の額も確実に減る事が分かってるし、
インフレで貯金が紙切れ当然にならないとも限らない、
とにかく会社、政治まかせだと何かが起こったときに手遅れになりそうなので、
手始めにこんな本を読んでみました。

”みんな不安に思っているのにだれも口にしない「人生とお金」の話 / 岡村 聡”
みんな不安に思っているのにだれも口にしない「人生とお金」の話 [単行本(ソフトカバー)] / 岡村 聡 (著); 講談社 (刊)

とりあえず、コレ読んでお金の運用については投資をやってみようという気になりました。
自己責任にだけどコレなら自分でもできそうだしリスクも小さい。
銀行に貯金してもほとんど日本の国債買うのにまわされ、
国債に投資してるのと変わらない感じがして、
それだったらもっと有意義な所に投資したい。
何より、他人まかせで駄目になるよりゃ良い。
っていうか、自分でコントロールできるようにしたい。

自分の親世代と同じようなお金の使い方、人生の送り方をしようとする人が
未だに多いのが俺には理解できない。
そんなのよっぽど運が良くないと破綻すると思うんだけど。

個人的な意見として、これからの生き方で一番危険な生き方は「現状維持」
じゃないかと感じる今日この頃。
posted by gibres_st_nature at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。